TOP

風俗嬢にはいつもベルを2回鳴らしてと言っています。

数年ぶりの再会となった

昔旅行した時に、一度利用したことがあるデリヘルがあります。実はそのときが初めて風俗を体験した時で、結構良い思い出として今も残っていました。その旅行先に、違う友達と旅行に先日行くことになり、私はできたらその時に来てくれたデリヘル嬢にまた逢いたいと思ったのです。今も働いているかわかりませんでしたし、5年ぐらい昔のことなので、お店の名前も覚えていません。それでも前日にインターネットで検索をずっとしていると、多分このお店だろうと思うデリへル店を発見しました。すぐに女性を探すと、女の子の名前は覚えていませんでしたが、顔ははっきりと覚えているので、見つけました。まだ働いていたことにも驚きでしたが、すごい楽しみにして旅行へと行きました。当日朝にお店に連絡して予約を入れ、待ちに待った夜になってご対面です。相手はもちろん覚えていませんが、私ははっきりと覚えています。記憶通り可愛い女性で、懐かしい再会に息子も喜んでいました。


五反田の風俗が他とは一味違う理由

五反田の風俗といえばピンサロです。とはいっても他の風俗ジャンルのお店がない訳ではありません。しかし、流行に関係なく路面店風俗としてはピンサロが圧倒的に多く人気を博しています。ファッションヘルスが人気であれば、イメクラ・オナクラなども人気が出そうですがあまり見かけない為、ピンサロだけが特別認知されている印象です。一般的な風俗(ファッションヘルス)は、軽度な性的サービスしかないという風に考えがちです。もちろん五反田のピンサロも他のエリアの風俗店同様にサービスの内容は変わらずごく一般的なものになります。では何がそんなに人気で世の男性は五反田の風俗を利用するのでしょうか?実際にサービスを受けてみると一目瞭然です。まず、在籍女性数が圧倒的に多いです。出勤だけでも日々40人以上の女性がいるのです。実際に店舗に在籍している女性だけ考えると、少ないところでも60名で多いとことでは100名を超えるほどです。風俗業界の知識がある人からすると在籍女性数の多さが如何に凄いものかが分かるでしょう。これだけの在籍数があると日々の出勤顔ぶれも毎日のように違いがあります。中にはレアな出勤となるリピーターも多い女性が働くこともありますので、女性目当てに長蛇の列が出来てしまうほどです。その女性の多さを活かせるサービスが回転制です。1度に3人の女性を指名できるわけですから、楽しみ方は何百通りも組める訳です。それを考えると何回利用してもいつまでも楽しめる訳ですから人気が出ない訳がありません。しかし、顔ぶれが飽きないだけではお店の人気には繋がりません。五反田のピンサロはそもそもサービスの質が伴っているものなのです。その理由は、独自の採用システムがあることです。1から風俗未経験の女性を採用しているのではなく、働く上でのセンスを重要視しています。そのセンスや技術のレベルを高いものにしているものが、求人募集の内容でしょう。募集の待遇条件に託児所や寮が完備されていることが特徴です。つまり、事情があって思いっきり働けない人や生活環境が不安定な人などへの待遇面の充実があるのです。問い合わせをする女性の多くは風俗業界の経験がある人ばかりでしょうから、求人の段階でハイレベルな技術を持ち合わせたプロが集まるわけです。それだけで、テクニックが伴ったサービスを安定して提供できる運営が可能となっているのです。こういった細かな部分への企業努力があって今の五反田の風俗(ピンサロ)の人気へと繋がっているのでしょう。普通の風俗店では簡単に真似できない影の努力があってこそ、多くの男性利用者に指示されているわけです。


流れに逆らわずに発射です

性感エステの女の子が到着して、準備をしている間に、シャワーは一人で浴びます。ベッドに行って、うつぶせでスタートです。アロマオイルを使ったマッサージで香ばしい匂いが部屋に充満します。それだけでも十分お得な感じですね。30分のノーマルマッサージがすぎた頃に、何か背中にパウダーのようなものをかけてもらってから、サワサワ時間のスタートです。ここからが性感マッサージになるのかな。サワサワ時間も良いのですが、女の子の手がだんだん下半身にいくあたりから、気持ちよくなり、最初は恥ずかしい体勢もだんだん、もっと触ってほしくなって、促されるように四つん這いになってしまいました。そのまま前立腺マッサージ・・これは肛門に指が入ってきます。ものすごい快感で、これと手コキで十分に発射できるのですけど、まだ仰向けにもなっていないのでここはガマンです。歯を食いしばってガマンしましたが、ガマン汁が噴出してきて、女の子も仕留めにかかっているのがわかったので、流れに逆らわずに大量のザーメンを発射しました。