>  > 給料をRちゃんに捧げる

給料をRちゃんに捧げる

私は自分が激ブサイクだということは知っています。そのため小さい頃からモテたいという願望が強いんです。そんな私がキャバクラに行った時なのですが、このキャバが最高だったんです。ブサイクな私にもしっかりと接してくれますし、お金持ちアピールすればすぐにチヤホヤしてきます。これにはかなり嬉しい気持ちになりました。本当の意味で心を掴んだ!という理由ではないのは分かっているのですが、それでも良いんです。ずっと念願だった女性に囲まれる、ということを実現できるんですから。なにより私には趣味もないので、お金はたくさんあります。おかげで2日1回はキャバに行っています。私のお気に入りはすっごくエロい笑顔をしていて淫乱さが身体からにじみ出ているRちゃんです。このRちゃんは最高に可愛いですよ。一緒に話をしている時にも私の太ももを触ってきたり、手を握ってきたりすっごくボディタッチが多いんです。こんなに優しく身体を触ってもらえるなんてこのRちゃんは最高です。このRちゃんのためならいくら使ってもいいくらいです。

[ 2016-01-26 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談