>  > 出稼ぎ専門店でデリヘル嬢の管理はどうしているのか

出稼ぎ専門店でデリヘル嬢の管理はどうしているのか

出稼ぎ専門店に勤めているデリヘル嬢はどういった管理をされているのか様々な風俗求人サイトや風俗情報サイトを見てまとめてみました。一般的なデリヘル店では女の子全員が通いで勤めているので、出稼ぎ専門店のように寮の管理だったり契約期間に縛りが無い為、管理する側は楽に出来ると思います。急な欠勤や退店も「了解」の一言で済んでしまいます。デリヘル店やその他風俗店は基本的に自由出勤と言う形をとっており、シフトを提出させて管理していますが多くのデリヘル嬢が当日欠勤や退店をしている経験があると思います。このことに関しては店舗側も半ばそういう展開があると承知済みの上でシフトを組んでいますので、欠勤になったからと言って特に代替えを用意したりしないですし、欠勤した女の子分の稼動数が減るだけのことなのです。お店としては売上げは下がってしまうかも知れませんが、風俗店の文化なのかわかりませんが欠勤等には非常に寛容な店舗が多いのです。中には当日欠勤は罰金がある店舗が有るようですが、その罰金もはたして本当に支払われているのか、支払う為に女の子が再度出勤してくるのか些か疑問です。出稼ぎではない風俗店が勤怠に関して厳しくないのは不思議なところです。風俗店は女の子が商品なので、女の子がいないのはお店に商品が無い状態になりますので、当然のこと売り物がないのです。売り物が無ければ売上は立たないしお店としても成立しません。無論、スタッフに支払われる給与にも影響してきます。その勤怠の管理の緩さに長く運営できるイメージは全然湧きませんでした。それに引き換え、出稼ぎ専門店の管理はしっかりしている印象です。出稼ぎなので寮があり、出稼ぎ期間である契約期間があります。女の子も金額目標を立てて出稼ぎに来ている子が多く、何日働けば目標が達成できるか計算しています。ですので欠勤やバックレはほとんど無く、多くの女の子は契約期間にしっかりと働き稼いで帰っている女の子が多いのです。出稼ぎに来ている女の子で欠勤する場合は体調不良か生理休暇が主で店舗側としても無理に働かせる訳にはいきません。利用客にも迷惑をかける恐れがあるので、店舗のイメージを守るためにも無理強いはしません。その為、出稼ぎ専門店のスタッフは女の子の体調管理や契約期間、女の子の精神状態も細かく管理しているところが多いようです。

[ 2015-10-20 ]

カテゴリ: 求人体験談